2018年4月22日日曜日

ロリポップマネージドクラウド備忘録1

ロリポップマネージドクラウドをrailsで利用する際に必要となる初期構築作業がいくつかある。
個人的な備忘録として書いておく。

DBの削除

rake db:dropは出来ない。
mysqlからdrop databaseする。

$ mysql -u 【ユーザー名】 -D 【DB名】 -h 【mysqlホスト名】.mc.lolipop.lan -p
Enter password: 
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 12528207
Server version: 5.7.20-0ubuntu0.16.04.1-log (Ubuntu)

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> drop database 【DB名】;
seedデータの投入

seed.rbファイルは手元の開発環境であらかじめ作成。
scpなりでコンテナ側に転送しておく。
sshにてコンテナにログインした後、RAILS_ENVを指定してrake db:seed

 $ cd ~/current
 $ RAILS_ENV=production bundle exec rake db:seed
静的ファイル配信

config/environments/production.rbにて設定
config.public_file_server.enabled = true

カスタムドメインとSSL設定

任意のDNSでドメインにAレコードを設定
設定したドメインをコントロールパネルで指定。
Let's encryptもコントロールパネルから指定するだけ。

0 件のコメント: